「国産よりおいしい中国産ウナギを、皆に食べてほしい」 産地偽り販売…京都

★中国産ウナギ、愛知産と偽り販売 京都府警 容疑で水産業者を書類送検

・中国産ウナギのかば焼きを国産と偽り販売したとして、京都府警生活経済課と九条署は21日、不正競争防止法違反(誤認表示)の疑いで、京都市南区吉祥院東浦町、水産販売会社「前川商店」(前川勝六社長)と、加工責任者だった元男性社員(54)=京都府丹波町=を書類送検した。

 調べでは、同社と元社員は1月上旬から2月中旬にかけ、中国産ウナギを加工したかば焼きに「愛知県三河産」のラベルを張り、約350匹を大阪市内の大手スーパーに販売した疑い。大手スーパーはさらに、京阪神の小売店8店にかば焼きを卸したという。

 同署によると、同社はウナギの加工品販売をすべて元社員に任せ、産地表示の確認を怠っていたとみられる。元社員は「消費者は味より国産の表示で判断する。国産よりおいしい中国産のウナギをみんなに食べてほしかった」と供述しているという。
 府は、近畿農政局への通報を基に調査し、今年3月、日本農林規格(JAS)法などに基づき、同社に適正表示や再発防止を行政指導していた。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050921-00000015-kyt-l26


11 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 15:12:07 ID:jw/qSYl+0
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/


15 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 15:13:15 ID:selUDkRX0
安全性はとりあえず置いておくとしても、
中国産うなぎって明らかに国産よりマズいんだが


25 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 15:15:43 ID:4wetpItG0
こーゆーのはモロにアウトだけどさ、
中国産ウナギを日本でしばらく泳がせて加工して
「国産」って言い張るのはどうなの?

案外、そういう抜け穴っていろいろあるらしいじゃない。
北チョンのアサリも一週間日本の浜で寝かせて「国産」言ってたし。


76 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 15:24:41 ID:GgnqEzW40
中国産養殖鰻のマラカイトグリーン検出について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2005/08/h0804-2.html
輸入時のモニタリング検査において、中国産養殖鰻加工品から、我が国では
食品中に含有してはならないと定められている合成抗菌剤マラカイトグリーン
※が検出されたことから、本日以降輸入される中国産養殖鰻及び
その加工品の全輸入届出について、マラカイトグリーンの検査を
実施することとしましたのでお知らせします。
 また、これまでに輸入された中国産養殖鰻についても、諸外国において検出
事例が報告されていることなどから、念のため、在庫品の監視を行うよう各都
道府県等に依頼したところです。
 なお、当該品の輸入時の検査については、登録検査機関の受託体制が整い
次第、検査命令とする予定です。


「第二のスダンレッド」とも呼ばれる使用禁止の魚病薬「マラカイトグリーン」、
中国内の水産品市場での使用が発覚
http://www.enviroasia.info/news/news_detail.php3/C05071301J
 「マラカイトグリーン」とは、メタリックな光沢を帯びた緑色の結晶体で、
アルカリグリーン・シュウ酸塩・ピーコックグリーンともいう。殺真菌剤兼
染料で、水に良く溶け、溶液は青緑色。毒性が高く、残留しやすいため、
発がん性・催奇形性・突然変異を引き起こすなどの副作用がある。多くの国
が水産養殖品への使用を禁止しており、中国でも「食用動物への
使用禁止動物用薬およびその化合物明細書」に記載されており、
あらゆる食用動物への使用が禁止されている。


110 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 15:34:41 ID:X/pg/QOa0
そんなに中国産うなぎを食わせたいのなら、「中国産は日本産よりうまいよ」っていって中国産を売りゃいいのになw


269 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 16:32:48 ID:ieMk2Ljz0
>>243
薬漬けって日本の養鰻。
中国のようにISO9002などを取得した安全で衛生的な環境は、日本ではまず存在しない。

育てている現場を見に行け。
中国産は食べられるが、日本産は食べ物じゃないと分かるから。


293 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 16:38:07 ID:jw/qSYl+0
>263
ネットやる人達はヤバさを認識してるのよ。絵でも中国本土の実態見れるし
問題はネットやらない人達だ。テレビでは中国の公害の実態なんて流れないもん


297 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 16:39:10 ID:qEQ56dTZ0
>加工責任者だった元男性社員

お名前が 伏せられているのは
「特定アジア」出身者だからですか?

それは差別だと思います。


316 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 16:43:27 ID:V14sLlS30
>>293
危険度から言うと国産鰻も酷いが、検査結果が公表されるのは輸入物だけ。
山形の無登録農薬の事件も2年近く秘匿されていたように、
国産物に対する厚労省の過保護は行きすぎだ。

養鰻技術に関して言えば今は
中国 > 日本
となっている。

中国は日本の養鰻業者が養殖に失敗したヨーロッパウナギの養殖に成功した。
ジャポニカ種と呼ばれる日本の伝統的な鰻に較べて実が柔らかく香りも穏やかなので、日本の大半の消費者は中国産の方を好む。


324 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 16:44:58 ID:Yrk95gFQ0
つか、産地偽装云々の問題だろw;
マカライトグリーンで汚染されてる鰻なぞ流通させんな!!


333 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 16:46:30 ID:DHqfuKK60
>>316
>中国は日本の養鰻業者が養殖に失敗したヨーロッパウナギの養殖に成功した。
自然に近い形での養殖が出来ないからと言って、健康被害が出るほど薬漬けにして無理矢理育てたのを日本では「成功」とは言わないがw
そして単発ID乙


334 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 16:46:30 ID:NJ8clWI10
>「消費者は味より国産の表示で判断する。国産より
>おいしい中国産のウナギをみんなに食べてほしかった」

ハァ!?
言うに事欠いて何言ってんだこの有害物質撒き散らし犯。
選挙の無い自分の国へ、(・∀・)カエレ!


364 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 16:57:18 ID:Fc5gXd3J0
味では中国産の圧勝。
食べくらべて国産を選ぶバカは居ない。

それがアンギラアンギラ種とアンギラジャポニカ種の差だ。

嘘だと思ったら調べてみるといい。
ゴムみたいで食べにくいのが国産鰻だから。


380 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 17:00:38 ID:5kKt+5NG0
いや一般人にはアンギラの方が脂がのってておいしく感じるのだろう。
肉も柔らかく厚いしな。

だがスーパーでパックで売ってるヤツを買ってきて家で”焼く”奴
なんていない。たいがいはタレつけて”煮る”状態で炒めたり、レン
ジで”チン”だw

ちゃんと表面にコゲがつくように焼けば、ジャポニカとアンギラの違い
が実感できる。アンギラでは香ばしさが出ない。


415 :名無しさん@6周年:2005/09/21(水) 17:09:06 ID:nJNB4UgU0
問題は、どっちが美味いかじゃなくて、産地を偽ったことなのだが…



----------------------------------------------
実際食べ比べたことがないのでボクにはどちらの鰻のほうがおいしいのかはわかりません。
参考に
http://www.salmon.co.jp/Topics/Topics65-Unagi2.htm
このHPでは

素性を隠して皆に食べ比べててもらい、(他人と相談させず、自分が)おいしいと思った順に点数をつけてもらった。

1位 F:築地の有名鰻専門店の焼きたて。(当然?)
2位 B:台湾産蒲焼。皮が柔らかく、身もふっくら。味も適度に「ウナギの味」がすると好評。
3位 D:中国アンギラ
   E:中国産、国内加工
     ※アンギラはウナギの泥臭さが全く感じられないと評判。
5位 C:中国ジャポニカ やや臭みがある。皮が他に比べ硬い。など。
 
 そして最も評価の低かったのは。なんと!。
最下位 A:国内養殖、国内加工の蒲焼(名誉のため産地、ブランドは非公開)。「皮が硬い」「ドロ臭い」など評価は散々だった。

とありました。どうなんですかねぇ~
誰か味の違いがわかる人は教えてくださいな。
ただ現在問題になっているのはマラカイトグリーン。
上記にあるとおり発癌性を含おり、それが中国産の鰻から検出されたことが問題となっています。これはどちらがおいしいとかの問題ではありません。健康に直接問題が発生するので食管法をもっと産地ごまかしに厳しいものにしてもらいたいものです。
これによって被害をこうむった人はいい迷惑でしょう・・・
[PR]
by bookread | 2005-09-21 22:01 | 以前の記事


<< 国家公務員、5年で3万3千人削... 自民、反対派議員の支部廃止に向... >>